ニュース

NEWS

道内ニュース

【行方不明届者が出されていた10代の少女が自殺】警察官に保護されフェリーで移動中に海に飛び込み死亡 北海道

9/12(木)「どさんこワイド朝」
家出をして北海道稚内市で保護された少女が同行の警察官とともにフェリーに乗っていた際、海に飛び込み、その後死亡しました。道警は事実関係について調査中としています。
道警によりますと、11日夕方、家出をしたと保護者から行方不明者届が出されていた10代の少女を警察官が稚内市内で発見・保護しました。その後、同行の警察官2人が少女をフェリーに乗せて、一緒に保護者のもとに向かったところ、港に到着する直前の午後6時すぎ、少女が利尻富士町の鴛泊港近くの海に飛び込んだということです。少女はまもなく救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。自殺とみられています。道警は、同行した警察官の対応や事実関係ついて調査中としていて「少女が亡くなったことは誠に残念」とコメントしています。