ニュース

NEWS

春の陽気で道路に大きな水たまり危険な状況も スムージーも想定外の売れ行き 北海道

13日も北海道内は、4月上旬並みの季節外れの暖かさとなりました。この影響である商品が想定外の売れ行きとなっている一方、道路は危険な状況にもなっていました。

(急式アナウンサーリポート)
「時刻は12時を回りました。今の札幌の街中の温度計は8℃をさしています。春先のような陽気となってます」
4月上旬並みの暖かさとなった道内。札幌は最高気温が8.5℃まで上がりました。
(原田カメラマンリポート)
「いやー暖かい。歩道には水たまりができている」
道内で最も気温が高かったのは十勝の新得で11.9℃。このほか道内34の地点で2月の最高気温を更新しました。この陽気に誘われ街中には多くの人が。中には上着を持って歩く人の姿もみられました。
(市民)
「(上着はどうされました?)24条のほうに住んでいてここまで歩いてきた。それで暑くて暑くて脱いだ」
(栃木県からの観光客)
「(マフラー取って活動中ですか?)最初はつけていたが暑くて脱いで巻き付けて。もっと寒いと思っていたので」
札幌市中央区のカフェです。こちらでは、季節外れの暖かさであるものが想定外の売れ行きを見せていました。
(店員)
「おもに今まではホットが多かったのが、アイスのドリンクだったりシャーベットスムージー、シェイクがよく出るようになり、ソフトクリームも出始めた。寒波が続いていたので、そのときに比べると3倍から4倍は多く出ている」
店自慢のソフトクリームがこちら!コーヒー味で、最後にエスプレッソの粉末をかけるのがポイントです。
(急式アナウンサーリポート)
「コーヒーのほろ苦さとミルクの甘みがいいあんばいで溶け合っています」
店内にはスムージーを飲む客の姿も。
(客)
「すごく天気がよくて気温も上がっていて、暑くてちょっとさっぱりしたものが飲みたいなと思って目に止まった」
一方、この暖かさで道路はあちらこちらに水たまりが…。
(長南記者リポート)
「こちらの横断歩道、大きな水たまりができていてまっすぐに歩くことができません」
歩くのさえも一苦労。取材中にはこんな危険な場面も。水たまりをさけようと車道を歩いたため後ろから車が迫って来ていました。
(市民)
「結構怖いですね。ジグザグに歩いています」
季節外れの暖かさが続く道内。この陽気は14日も続く見込みで路面状況の悪化による転倒や屋根からの落雪、雪崩に引き続き注意が必要です。
2/13(木)「どさんこワイド179」  2/13(木)18:55更新

道内ニュース