ニュース

NEWS

異例の残暑 観測史上一番に並ぶ 暑さで売れる意外な商品

札幌市では最高気温32.7℃と9月としては観測史上1番と並ぶ暑さとなっています。異例の残暑の影響を取材すると、例年とは違うものが売れるなどさまざまな現象が起きていました。

9月上旬!なのに…。30℃超え!?日傘を差しても暑い…。水遊びしても暑い…。秋は目前なのに、ことしは厳しい残暑に翻弄されています。札幌市内のスーパーへ行くと。
(村雨アナウンサー)「入ってすぐのところにはりんごや梨、そしてぶどうなど秋のフルーツが並んでいるんですが、そのお隣にはスイカがたくさん並んでいて、しかも売れ行きもいいということなんです」
(北海市場屯田店 斉藤亮彦さん)「本来売れていない物が売れていて、売り上げの方も好調です」
本来、この時期は鍋の材料が売れ始める時期ですが、ことしはそうめんやバーベキュー用の食材などがまだまだ人気です。さらに高温の油を使う唐揚げの調理場はとっても暑そうですが…。売れ行きは好調だといいます。
(買い物客は)「暑いから火を使わない物にしたい。簡単な物にしようかなと。2人なんで」
雑貨売り場でもことしは異変が見られます。
(村雨アナウンサー)「前髪がなびくくらい、。これはいまの暑さには頼もしいです。コンパクトなのに風量は強いです」
持ち運びができて、どこにいても涼しい風に当たれるコンパクトな扇風機や吹き付けるとひんやり感じる冷感スプレーなど、暑さをしのぐグッズが9月に入っても売れ続けています。
(東急ハンズ札幌店 下山紘生さん)「昨年度の売り上げに対し、昨日までのデータで9月の売り上げは2倍。冷感グッズはまだありますか、という問い合わせもある」
札幌市の8日午後3時までの最高気温は32.7℃。1990年に観測された観測史上最高と並ぶ暑さとなりました。どれだけ暑いのかサーモカメラでのぞいてみると…。熱を吸収した地面は40℃以上に。さらに、ことしならではの悩みも…。
(市民は)「(マスクの中)もうサウナみたいになってます。マスクは接触冷感とか探してはいるけど、何しても暑いなと思ってます」
感染症対策にかかせないマスクですが、記者のマスクの中は38.9℃。そんな中、噴水の周りにはたくさんの人が。そのわけは。水の周りは緑色に。他の場所と比べると10℃ほど涼しくなっていました。
(市民)「きょうみたいに30℃超えた日は来ますね」
「ことしは残暑が厳しいですね。年々暑くなっているように思いますね」
蒸し暑さから逃げるように涼しげなこちらのお店にいってみると。売っていたのは、キンキンに冷えた、レモネード!先月オープンしたばかりの専門店です。
(急式記者)「飲んだ瞬間に冷たさが喉元を過ぎていきますね。甘酸っぱさが暑さで疲れた体に、本当に心地いいです」
(客)「涼しくなると思うので、飲みたくてきました」
9日も札幌で30℃を超えるなど金曜日までは平年より蒸し暑い日が続く見込で、熱中症に警戒が必要です。
9/8(火)「どさんこワイド179」  9/8(火)16:29更新

北海道