ニュース

NEWS

速報 裁判冒頭で「おなかが痛い」被告が体調不良訴え休廷 乳児死体遺棄初公判

乳児だった二女の遺体を遺棄した罪に問われている旭川市の夫婦の初公判で、死体遺棄の罪に問われている京田陵被告が裁判冒頭の人定質問の途中で体調不良を訴え、裁判は休廷した。旭川地裁で開かれた初公判で、陵被告は警察官に支えられるように法廷に入った。人定質問の際に裁判長から「体調悪くない?」と聞かれ「お腹がめっちゃ痛いです」「めちゃくちゃしんどいです」などと答え、裁判長の判断で休廷した。(画像 陵被告と麻理乃被告・インターネットより)
9/10(木)「STVニュース」  9/10(木)15:52更新

北海道