ニュース

NEWS

コロナ禍でも採用へ バス会社合同説明会

バス運転手の高齢化に伴い、若い世代の採用を強化しようと北海道上川管内のバス会社が合同で就職相談会を開きました。

事前予約性で開催された上川管内のバス会社3社の就職相談会には訪れた人が付き添いのもとハンドルを握りバスの仕事を身近に体験していました。コロナ禍でバスの利用客は少なくなっていますが、運転手の高齢化などに伴い将来を見据えた若い世代の採用を積極的に進めています。
(旭川電気軌道 矢野寿典次長)
「体験をして(バス運転手を)これからの就職の選択肢にしてほしい」
北海道バス協会はバスの仕事に興味のある人はそれぞれの会社に相談してほしいとしています。
9/12(土)「STVストレイトニュース」  9/12(土)11:41更新

北海道