ニュース

NEWS

スープカレーの本場・札幌で人気の「スパイスカレー」人気店の味が一堂に「カレーの祭典」

札幌のスープカレーに次いで今、人気となっているのがスパイスをふんだんに使った「スパイスカレー」です。このスパイスカレーを食べ比べできる食欲の秋にぴったりのイベントが始まりました。

ブラックペッパーやクミン、シナモンスティックにクローブなど6種類のスパイスが丸ごと入ったスパイシーなカレーに、カレーの本場、インドの味を再現したスパイシーなインドカレー。
(佐々木アナウンサー)「午前11時のオープンめがけて行列ができています。きょうから注目のイベントが始まります」
話題の「スパイスカレー」4店舗の味を一度に味わえる「カレーの祭典」。会場は食欲をそそるスパイシーな香りに包まれています。カレー引き換え券とご飯がセットになったチケットを購入し、カウンターで好きなカレーを選びます。中央区にお店を構える「倉庫カリー」のスパイスカレー。インドやネパールの本場のスパイスと和のダシを合わせ、仕上げにカツオとサバ、パセリ、ゴマのふりかけをかけた、会場でしか味わえない特別メニューです。
(佐々木アナウンサー)「カレーのスパイスもしっかり効いているんですけど、和風ダシがまろやかにしてくれています。ズドンとくるピリ辛さよりもやさしさの方が強いです」
こちらも中央区のお店、「のんびりスパイス酒場harappi」のカレーは、ココナッツベースのスープにスパイスを練り込んだサケのつみれ団子が入っています。薄切りにしたすだちとパクチーを乗せたその味は…。
(佐々木アナウンサー)「さわやかなすだちの果汁が刺激強めの辛さを中和してくれています。スパイスの味にも負けないつみれの存在感、おいしい」
手稲のお店「ナット」からは、10種類のスパイスを使った本格インドカレーが登場。目の覚めるような刺激的な辛さです。そして豊平区のお店「エイトカリィ」は、水を使わずにじっくり煮込んだ無水カレーで勝負。丸ごと入った6種類のスパイスが口の中ではじけると、さまざまな風味が広がります。
(来場者)「いろんな味が楽しめて、おいしい」
「全部別々のお店の味ですが、まぜて食べるとまた違う味になっておいしい」
久しぶりとなる食のイベントは、今月27日まで開かれています。
9/16(水)「どさんこワイド179」  9/17(木)9:52更新

北海道