ニュース

NEWS

調査応募への請願「継続審議」政府担当者出席の住民説明会開催へ

核のごみの最終処分場の選定をめぐって調査の応募を求める北海道・神恵内村商工会の請願について、村議会は17日の本会議で審議を継続することを正式に決定しました。

神恵内村議会では、先月商工会が提出した核のごみの最終処分場の調査応募を求める請願について16日の委員会で審議の継続が決まりました。
(松谷堅志村議)「議会で結論出すのは無理だから継続審議にしたのはよかったのでは」
(田中正浩村議)「民意の反映するのはどうすればいいのかを考えて、そんな拙速に採択するとはさらさらなかった」
17日の本会議では委員会の審議結果が報告され、請願については住民への理解不足などがあるとして継続審議が正式に決まりました。神恵内村では今後、国などの担当者が出席した住民説明会を4回開催したあと、再度議会で審議する予定です。
9/17(木)「STVストレイトニュース」  9/17(木)12:12更新

北海道