ニュース

NEWS

北海道で新たに38人の感染確認 札幌は27人 児童も2人

北海道では7日、あわせて38人の感染が確認されました。鈴木知事は記者会見で「警戒ステージを上げることも検討する」と危機感をあわらにしました。

札幌市では27人の感染が確認されました。これは1日としては3番目に多い数になります。また旭川市で1人、小樽市で1人の感染が判明したほか、空知、石狩、後志、胆振管内であわせて9人の感染が確認されました。札幌市では市立新琴似南小学校の児童2人の感染していたことがわかりました。児童が在籍するクラスを今月15日まで学級閉鎖します。道内で感染が増えていることについて、鈴木知事が危機感をあらわにしました。
(鈴木知事)
「このまま感染者数や入院患者数が増加し、医療提供体制の負荷の度合いが増した場合には、警戒ステージを引き上げることも検討していかなければならない。感染防止に向けた取り組みの徹底に今一度ご協力をお願いしたい」
一方、札幌市議会ではこれまでの新型コロナ対策について、高齢者施設で発生したクラスターで対応が遅れたことなどが報告されています。
10/7(水)「どさんこワイド179」  10/7(水)16:40更新

北海道