ニュース

NEWS

“核のごみ”鈴木知事が高橋神恵内村長と会談

(中内記者リポート)
「午後5時前です。鈴木知事が神恵内村に到着しました。これから高橋村長との会談に臨みます」
札幌での公務を終え、村役場に到着した鈴木知事。核のごみの最終処分場をめぐり、文献調査の応募を検討する村長の考えを直接聞こうと訪れたのです。
(鈴木知事)
「まだ議会における請願の採択が行われていない状況ですけど、村長の率直な考えを教えていただきたい」
(神恵内村 高橋昌幸村長)
「知事のご意見も伺いたいですし、できれば私の意見も話させていただきたい」
神恵内村では先週、議会の委員会が商工会の請願を採択。村内からは賛成の声も多く、応募に向けた議論は加速しています。これまで道の「核ぬき条例」を盾に最終処分場の受け入れに反対の立場を貫いてきた鈴木知事。応募が現実味を帯びるなか、8日の村議会を前に慎重な対応を求めました。
10/7(水)「どさんこワイド179」  10/7(水)19:31更新

北海道