ニュース

NEWS

「窓が割れて焦げている」町長が通報 “核のゴミ”調査応募検討の北海道寿都町長宅で不審火 放火の可能性

北海道寿都町の片岡春雄町長の自宅で窓枠などを焼く不審火がありました。辺りに火の気はなく、放火の可能性が高いとみて警察が捜査を進めています。

午前1時過ぎ、寿都町新栄町の片岡春雄町長から「窓が割れて焦げている」と警察に通報がありました。火は町長が自力で消し止めましたが、寝室の網戸や窓枠が焦げてガラスが割れました。片岡町長や家族にけがはありませんでした。住宅の周りには火の気がないことから警察は放火の可能性が高いとみて、捜査を進めています。寿都町ではいわゆる“核のごみ”最終処分場の文献調査に対して、片岡町長が8日夕方にも応募の正式表明をする見通しです。
10/8(木)「NNNニュース」  10/8(木)10:15更新

北海道