ニュース

NEWS

"核のごみ"調査に応募意向の北海道寿都町長宅に“火炎瓶”

いわゆる「核のごみ」の最終処分場選定をめぐり8日、応募の意向を表明するとみられる寿都町の片岡町長の自宅が8日未明、何者かに火をつけられる事件がありました。

(宮永キャスターリポート)
いわゆる「核のごみ」の最終処分場選定をめぐり寿都町の片岡町長は8日午後に応募の意向を表明するとみられています。しかし、未明に自宅が何者かに放火される事件があり、町内には緊張が走っています。
 午前1時過ぎ、寿都町新栄町の片岡春雄町長の住宅で「窓が割れて焦げている」と、片岡町長本人から警察に通報がありました。火は町長が自力で消し止めましたが、寝室の網戸や窓枠が焦げてガラスが割れていました。片岡町長や家族にけがはありませんでした。周囲に火の気がないことから警察は何者かが火炎びんのような不審物を投げ込んだとみて放火の疑いで捜査を進めています。
 片岡町長は警察に事情を説明後、午前10時前に何も語らず役場に入りました。文献調査への応募を表明するとみられるタイミングで起きた放火事件に町内には緊張が走っています。予定では、午後1時から町議会が開かれその後、片岡町長が調査応募を表明する見通しで、片岡町長は先ほど取材に対し、「事件は応募の判断には影響ない」と語りました。
10/8(木)「STVストレイトニュース」  10/8(木)12:46更新

北海道