ニュース

NEWS

北海道寿都町長が“核のごみ”文献調査への応募書をNUMOに提出

いわゆる「核のごみ」の最終処分場選定に向けた「文献調査」への応募を8日表明した北海道寿都町の片岡町長は9日午前、NUMOに応募書を提出しました。国が認可を経て、年内にも調査が開始される見通しです。

(寿都町 片岡春雄町長)
「(Qいよいよ提出ですが?)これからしっかり対話、勉強していかなければならない。入学手続きのようなもの。そういう風に解釈して頂ければと思う」
8日、いわゆる核のごみの最終処分場選定に向けた「文献調査」への応募を表明した寿都町の片岡町長は9日午前、NUMOを訪れて応募書を提出しました。今後、NUMOが調査実施の見込みを確認した上で国が調査を認可する見通しで、年内にも調査が開始されるとみられます。一方、国が9日午後、文献調査の実施を申し入れる北海道神恵内村。高橋村長はいつもの自転車ではなく迎えの車で登庁しました。
(神恵内村 高橋昌幸村長)
「普段どおり、普通だよ。朝からすみません」
高橋村長は調査受け入れを表明する見通しです。
10/9(金)「STVストレイトニュース」  10/9(金)12:28更新

北海道