ニュース

NEWS

GoToイート見直し「4人&2時間以内で」緊急会談「外出・往来」不要不急は「自粛」要請へ

16日午前、緊急会合を開いた鈴木知事と秋元札幌市長。

(秋元市長)「(医療機関での感染拡大で)新規入院患者を抑制をせざるを得ない」
(鈴木知事)「食い止めていくという意味においてはギリギリ瀬戸際の状況」

北海道内には新型コロナの感染者のための入院ベッドは963床ありますが、16日現在の入院患者数は674人。すでに7割近くが埋まっているのが現状です。さらに、ステージ4の判断基準となる入院患者数350人の倍近くにまで迫っています。新型コロナの患者を受け入れている北海道病院でも16日にクラスターが発生。「医療機関や高齢者施設での感染が相次ぐことで、市民に適切な医療を提供できなくなる」と、危機感が強まっているのです。感染拡大に歯止めがかからない状況に道議会議員からはこんな声も。

「年末年始には医療態勢が当番制になり手薄になる。その前になんとしても感染拡大を抑え込む必要がある」

知事と札幌市長は16日に道独自の警戒ステージを札幌に限って、17日にも「4」相当に強化する方針を決めました。これにより札幌市内の外出や札幌と他の地域との往来について不要不急の場合は自粛を求める考えです。札幌市民の受け止めも複雑です。

(札幌市民)「正しい判断だと思う。乾燥もするし寒くて、はやりやすいと思うので」
(札幌市民)「しないよりはするにこしたことはないが、それだけでは解決できないでしょう」
17日にも札幌との往来自粛を要請されることについては。
(旭川市民)「札幌に行くのは怖いし、命の方が大事なので」
(函館市民)「札幌と函館の結びつきは大きいので、閉じるときついものもあるのでは」
(札幌から函館に出張中)「不用意には行けないですよね。お互いに気にするし」

さらに、知事はGOTOトラベルの利用を控えることやGOTOイートの見直しも国に求める考えを表明しました。

(鈴木知事)「GOTOイートについては見直すべきではないか。例えば2時間を超える飲食は控えて欲しい。4人までで2時間を目安に」

年末に向けて感染拡大を抑え込むことができるのか。札幌、そして北海道がいま正念場を迎えています。
11/16(月)「どさんこワイド179」  11/16(月)18:52更新

北海道