ニュース

NEWS

「GoToとの矛盾感じる」コロナ対策強化の北海道 このタイミングの観光客「なるべくホテルに」

(長南記者)「二条市場です。店は開いていますが人通りは多くありません」

警戒ステージ「4相当」とされた札幌。不要不急の外出とほかの地域との往来の自粛が求められています。観光客からは困惑の声が聞かれました。

(愛知からの観光客)「どこ行っていいかも分からないし、じゃあどこにだったら安心なのみたいな。結局行く場所も迷うし、観光もあんまりできなかった」

(店の人)「きのうもおとといもお客さんに「どこいかなきゃいいの」って聞かれた。なんかあいまいだよね。全然あいまいだと思うわ」

17日午後3時ー。

(鈴木知事)「感染リスクを回避できない場合、不要不急の外出、札幌市外との不要不急の往来を控えていただきたい」

自粛が必要な条件として何度も繰り返された「感染リスクが回避できない場面」という発言。結局は個人の判断に委ねられたかたちとなりました。あいまいな自粛要請に、札幌の中心部ではー。

(山﨑記者)「要請が出されたが地下歩行空間の人の流れは変わらないように見える」

(札幌市民)「もっとバシッとやった方がいいのかなという気はします。表に出ないでくれとか強い言葉で言ってもいいのかなとは思います」

(札幌市民)「やっぱりGoToとの矛盾は感じる」

空の玄関口、新千歳空港には、道外からの観光客の姿もー。

(大阪からの観光客)「タイミングが悪かった。仕方のないこと」

(兵庫からの観光客)「あまり回るのは怖いので、美味しいもの食べて、なるべくホテルにいるって感じ」

こちらは北海道函館の五稜郭タワーです。タワーに上ると、観光客の数は少なくありません。団体のキャンセルこそあったものの、個人客は多くがGoToトラベルを利用していて、平日で1日1500人ほどが来場している状況だといいます。

(神奈川県からの客)「函館の感染者は少ないから大丈夫と思って」

(五稜郭タワー 横山傑さん)「現時点でGoToトラベルもやっているので、感染対策を取ることで旅行もできると思うので」

焼いたホタテや、新鮮な生ガキが人気でにぎわう観光地。厚岸町の道の駅です。お昼時とあってレストランはにぎわっていましたが、ここでも困惑の声がー。

(客)「娘が孫と札幌に(旅行の)予約をしていたが、キャンセルして」

(厚岸コンキリエ 加藤裕之支配人)「ちょっと難しいですよね…はっきり言って。完全にダメということではないので、自分で判断したうえでの行動になるから」

17日の知事の会見後に開かれた有識者会議でも、厳しい意見が飛び交いました。

(連合北海道 坪田伸一総合政策局長)「感染リスクを回避できない場合だとか、やや分かりにくい」

(北海道教育大学 水上丈実教授)「行動目標、行動制限が具体的に道民に伝わると良いと思う」

一方で、札幌の奥座敷、定山渓温泉の観光協会は、今回の要請について一定の理解を示しています。

(定山渓観光協会 長谷川信之事務局長)「観光と感染リスクの両方に配慮して、そういう言葉になったと思う。今よりステージの上にならないよう、感染予防を徹底して楽しんでほしい」

瀬戸際の状況にある中で私たちがいま取るべき行動とは。そのわかりにくさが感染防止の足かせにならないか、懸念が高まります。
11/18(水)「どさんこワイド179」  11/18(水)19:28更新

北海道