ニュース

NEWS

“15メートル上から”札幌のビルで5メートル四方の外壁落下

札幌市中央区で19日夜、ビルの外壁が崩れ歩道に落下しました。けが人はいませんでしたが周辺では半日以上たった今も通行止めが続いています。

(柳澤記者)「通報から10時間過ぎたが、歩道に崩落したかべが残っている。前の道は通行止めが続いている」

落下したビルの外壁。完全に歩道をふさいでいます。19日夜9時ごろ、札幌市中央区南9条西9丁目の通称・東屯田通でビルの外壁が落下しました。警察によりますと、およそ15mの高さから5メートル四方の外壁4枚が崩れ落ちたということです。けが人はいませんでした。登記簿によりますと、ビルは築27年でした。

(近所の人)「人がいたら大変だった。怖いですね。相当上から落ちているから」

ビル周辺では今も通行止めのままで、安全確認が続いています。
11/20(金)「どさんこワイド179」  11/20(金)16:44更新

北海道