ニュース

NEWS

いつまで続くこの大雪 あすは日本海側中心に猛吹雪

北海道は急速に発達している低気圧が通過した影響で、各地で大雪となっています。

9日にかけても日本海側を中心に大雪や猛吹雪に警戒が必要です。

8日朝の紋別市。吹き上げる雪が人の姿を隠し、歩道には大人の足が膝まで埋まるほどの雪が積もりました。

8日朝の北海道内は急速に発達している低気圧が通過した影響で、オホーツク海側を中心に大雪となっていて、午後3時までの24時間で、遠軽で71センチ、紋別でも24センチの雪が降りました。

(市民)「ことし初めてだからさ、ゆるくないよこれ。しんどい」

7日夜から8日朝にかけて18センチの雪が降った札幌では。

(山﨑記者)「札幌市の住宅街です。足元にはご覧のように雪がつもていました、あたりをみわたすと雪かき作業に追われている」

さらには、動けなくなった車も。

(運転手)「車がこっちから来たので、よけるのにちょっと寄ったら、はまって抜けられなくなった」

(取材班)「押しますか?」

3人がかりで車を後ろから押して、ようやく抜け出しました。

(運転手)「すいませんありがとうございます」

(JRアナウンス)「悪天候のため遅れ運休等が発生しております」

交通機関にも影響が出ました。

JRは札幌と函館や網走を結ぶ特急26本や、札幌圏の普通列車など、全道で279本が運休に。

新千歳空港でも、道内や羽田を結ぶ便など41便が欠航となっています。

釧路市では41校すべての小中学校が臨時休校となりました。

市民生活にも大きな影響を与えている冬の嵐。

9日にかけても日本海側を中心に大雪や猛吹雪となる見込で、交通障害や路面状況の変化に警戒が必要です。
1/8(金)「どさんこワイド179」  1/8(金)16:52更新

北海道