ニュース

NEWS

落雪で架線損傷 大雪続く北海道 札幌-旭川間の特急など運休

北海道・美唄市のJR函館線で落雪により架線が垂れ下がっているのが見つかり、江別から滝川間の上下線で運転を見合わせています。

JR北海道によりますと、11日正午すぎ美唄市内のJR函館線・峰延駅の構内で、上り線の架線を支えるワイヤーが垂れ下がっているのを運転士が見つけました。

落雪によりワイヤーを維持する部品が損傷したということです。

この影響でJR函館線は、江別駅と滝川駅間の上下線で運転見合わせとなり、札幌・旭川間の特急などが運休しています。

復旧の見込みは立っていないということです。

JR北海道ではホームページなどで、最新の運行状況を確認してほしいと呼びかけています。
1/11(月)「どさんこワイド179」  1/11(月)18:21更新

北海道