ニュース

NEWS

札幌に民間PCR検査センター 3時間で結果

新型コロナのPCR検査を個人で受けられる民間の施設が札幌にオープンしました。
札幌市内では9日、東京の民間会社による「PCR検査センター」が開設されました。大阪、東京に次ぎ札幌は3か所目です。

初日には140人が、その後も1日200人から300人が検査を受けに来ているといいます。ただ、発熱などの症状がある場合や濃厚接触者はこの検査を受けられません。

検査は唾液を採取するだけで所用時間はおよそ10分。費用は1回3000円で、検査結果は3時間ほどでメールに通知が来ます。ただし医療機関との検査とは異なり、「低リスク」か「高リスク」かを判断する検査となります。

(東亜産業 深井昭匡社長)「医療機関ではないので診断ではない。高リスク判定が出た場合は改めて医療機関での診断をお願いしている」

札幌には12月にも、民間企業によるPCR検査施設がオープンしています。現在は企業や自治体を対象としていますが、3月末までには個人での検査も受け入れられるよう準備がすすめられています。

民間のPCR検査について、感染症学を専門とする横田教授は注意すべき点もあるといいます。

(札幌医科大学微生物学 横田伸一教授)
「こうした検査に対して、一番重要だと思っているのは検体のとり方。質の良い検体をとらないと、きちんとした検査結果がでない。もうひとつは陰性=低リスクだからといって安心ではない」

手軽に受けられるのが魅力の民間PCR検査ですが、上手に利用していく必要があります。
1/12(火)「どさんこワイド179」  1/12(火)16:33更新

北海道