ニュース

NEWS

きのう暖気はどこに?強風と地吹雪 小学校など休校も

北海道内は発達した低気圧の影響で、日本海側では14日夕方にかけて断続的に雪や風が強い状態が続きます。気象台は猛吹雪に警戒を呼びかけています。

強風で地吹雪が起こっている日本海側北部の苫前町です。

北海道内は低気圧の影響で雪を伴った風が強まっています。最大瞬間風速は、日本海側北部で35メートル、そのほかの地域では30メートルと予想されています。

日本海側では局地的に雪の量が多くなる見通しで、15日午前6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで日本海側北部の40センチ、南部の30センチと予想されています。

暴風雪の影響で宗谷管内では小学校など3校が休校となり、日高管内の新冠町では強風により車庫の屋根が飛ぶ被害も出ています。

気象台は猛吹雪や大雪による交通障害に警戒を呼びかけています。
1/14(木)「STVストレイトニュース」  1/14(木)12:17更新

北海道