ニュース

NEWS

2人死亡の爆発事故 発生7年超で書類送検へ 元社長「捜査は間違っている」

北海道・釧路市にあった会社の工場で2013年、2人が死亡した爆発事故で、警察は元社長を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めました。

2013年7月、釧路市にあった化粧品などの原料を作る「バイオマテックジャパン」で爆発火災が起き、従業員の男女2人が死亡しました。

複数の捜査関係者によりますと、工場で使用していた「アセトン」という化学物質に何らかの原因で引火し、元社長が安全管理を怠ったとして、近く業務上過失致死の疑いで書類送検をする方針を固めたということです。

元社長はSTVの取材に対し「爆発の予見可能性はなく警察の捜査は間違っている」と話しています。
2/11(木)「STVストレイトニュース」  2/11(木)12:13更新

北海道のニュース