ニュース

NEWS

数年に1度の猛吹雪のおそれ「日本海側は外出控えて」JRは計画運休

北海道は急速に発達する低気圧の影響で、15日夜から16日にかけて大荒れの天気となる見込みです。

特に日本海側では「数年に一度の猛吹雪」となる見込みで、気象台は記者会見を開き、外出を控えるよう呼びかけています。

(気象台の担当者)「北海道地方は急速に発達する低気圧の影響で非常に強い風が吹き、大荒れの天気となる見込みです。日本海側では、16日は数年に一度の猛吹雪となるおそれがあります。外出は控えてください」

15日午後2時から開かれた気象台の会見。

日本海側では「外出を控えるよう」呼びかけられました。

低気圧が急速に発達し冬型の気圧配置が非常に強まる影響で、15日夜から16日にかけて、暴風雪など大荒れとなる見込みの道内。

2014年12月に道内を暴風雪が襲った時のようすです。

根室市では高潮が発生し、沿岸部の住宅が床上浸水。避難勧告も出されました。

今回も同様の被害が発生する恐れがあり、根室湾周辺では高潮や高波による低い土地への浸水や道路冠水などに警戒が必要です。

日本海側では最大瞬間風速35メートルの非常に強い風となり、16日正午からの24時間で、多い所で50センチの雪が降る「数年に一度の猛吹雪」となる見込みです。

見通しのまったくきかない猛吹雪や、大きな吹きだまりによる交通障害に厳重な警戒が必要です。

この低気圧の影響で、JRでは16日計画運休が予定されていて、最新の運行情報を確認するよう呼びかけています。
2/15(月)「どさんこワイド179」  2/15(月)17:24更新

北海道のニュース