ニュース

NEWS

気温上昇「雪下ろし事故」相次ぐ 命綱着用も宙づり状態に

北海道は気温が上がり各地で事故が相次ぎました。美唄市では屋根の雪下ろしをしていた男性2人が転落して1人が重体です。

事故があったのは美唄市西3条南3丁目の住宅で、15日午後2時すぎ屋根の雪下ろしをしていた男性2人が転落し、このうち、命綱を付けていた80代とみられる1人が、屋根から宙づりの状態になりました。

男性は病院に運ばれましたが意識不明の重体です。もう1人の男性にけがはありませんでした。

旭川市東3条2丁目の住宅では、15日午後0時40分ごろ自宅の軒下で除雪をしていた76歳の男性が屋根から落ちてきた氷の塊の下敷きになり重傷となったほか、中頓別町でも雪下ろし中の男性がけがをするなど事故が相次ぎました。
2/15(月)「どさんこワイド179」  2/15(月)18:08更新

北海道のニュース