ニュース

NEWS

「岸壁越える高波」ソーラーパネル倒れる被害も 大荒れ北海道 不要不急の外出控えて

急速に発達した低気圧の影響で、北海道は17日にかけて大荒れの天気となる見込みです。

特に日本海側は「数年に一度の猛吹雪」となる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

16日未明から激しい風に見舞われた根室市。満潮時刻の花咲港では岸壁を越えて波が押し寄せました。

(武田記者)「歩くのもやっとなほど強い風が吹いています。ソーラーパネルが飛んでいます」

16日午前11時までの最大瞬間風速は35.5メートル。

ソーラーパネルが倒れるなどの被害がありましたが、これまでにけが人の情報は入っていません。

根室市では16日、すべての小中学校を臨時休校にしました。

市内では一時、避難所も開設されました。

(避難した人)「まだひどくなるというから心配」

えりも岬では最大瞬間風速44.7メートルを観測。

室蘭市や登別市でも住宅の屋根がはがれる被害が出るなど、広い範囲で暴風雨や暴風雪となっています。

特に日本海側では17日朝6時までの24時間で50センチの降雪が予想され「数年に1度の猛吹雪」になる恐れがあります。

不要不急の外出は控えてください。
2/16(火)「STVストレイトニュース」  2/16(火)12:48更新

北海道のニュース