ニュース

NEWS

「岸壁に叩きつけられ沈没」の可能性 強風爪痕各地に

暴風などに見舞われた北海道・えりも町では、後片付けに追われています。北海道では17日も日本海側を中心に夕方まで大荒れとなる見込みで、引き続き警戒が必要です。

16日、道内で最も強い最大瞬間風速44.9メートルを記録したえりも岬にある旅館では、暴風の影響で壁や屋根が飛ばされ、17日朝から片付けに追われていました。

(えりも観光協会 田中照彦副会長)「今までにない風向きだったので、危ないなという感じはしていたが、やっぱりいってしまいましたね」

根室の花咲港では午前6時45分ごろ、売却のために係留していた船が沈没しているのが見つかりました。けが人はいませんでした。

根室では16日暴風・波浪警報が発表されていて、根室海上保安部によりますと、高波と強風で船が岸壁にうちつけられ沈没した可能性も含めて調査しています。

北海道は日本海側を中心に17日も大荒れの天気となっています。

JR北海道は午前11時現在、札幌と各都市を結ぶ特急や普通列車計211本が運休となっているほか、運転見合わせも相次いでいます。

猛吹雪などへの警戒は夕方まで必要ということです。
2/17(水)「STVストレイトニュース」  2/17(水)12:22更新

北海道のニュース