ニュース

NEWS

「札幌市内の病床使用数110」時短営業解除の基準 18日正式決定へ

札幌全域の飲食店などに出されている営業時間の短縮要請について、北海道は期間を早めた解除について新規感染者数だけでなく、札幌市内の使用病床数が110床を下回ることを条件とする方向で調整しています。

札幌全域の時短要請は28日まですべての飲食店とカラオケ店に出されています。

北海道は期間を早めた解除について、新規感染者だけでなく札幌市内の使用病床数が110床を下回ることを新たな条件に加える方向で調整しています。

札幌市によりますと、市内の使用病床数は入院先を調整している患者分も合わせると17日時点で110床を上回っているということです。

北海道は感染状況とともに解除を判断する指標にしたい考えで、18日の対策本部会議で正式に決まる見通しです。
2/18(木)「STVストレイトニュース」  2/18(木)13:00更新

北海道のニュース