ニュース

NEWS

クラスターのバス会社で減便開始 運転手32人が濃厚接触者

新型コロナウイルスの集団感染・クラスターが発生した影響で、北海道・釧路市の「くしろバス」は、19日から路線バスを3割ほど減便して運行しています。

「くしろバス」ではこれまでに運転手13人を含む14人のクラスターが発生し、さらに運転手32人が濃厚接触者となり自宅待機しています。

このため通常ダイヤでの運行が難しくなり、19日から3月1日まで平日より3割ほど減便した日曜・祝日ダイヤで運行しています。

北海道運輸局はくしろバスに対して22日までに対策が不十分だった部分の改善策を示すように求めています。

また、北海道内で路線バスを運行するすべてのバス会社に、緊急点検を求めています。
2/19(金)「STVストレイトニュース」  2/19(金)12:17更新

北海道のニュース