ニュース

NEWS

速報 橋本聖子新会長 自民党離党の意向固める

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の新会長に就任した橋本聖子参議院議員が、自民党を離党する意向を固めました。

北海道民からは様々な声が聞かれました。

「相当悩んだと思う。大臣でいたほうが、自分にとってはよかったんだろうし」

「オリンピックの方に力を入れないで、大臣を続けてほしかった。でも誰かがやらなければいけないことだから」

さきほどオリンピック・パラリンピック担当大臣の引継ぎ式に臨んだ橋本会長。

19日午前、離党はせず自民党道連の会長も続ける考えを示し、「疑念を持たれないように心がけたい」と話していましたが、午後になり一転、自民党を離党する意向を固めました。

橋本会長をめぐっては自民党議員として会長に就任することに政治的公平性を懸念する声が出ていたほか、自民党幹部が「道連会長を続けるのはおかしい。どうなっているんだ」と話すなど、党内からも疑問の声があがっていました。
2/19(金)「どさんこワイド179」  2/19(金)16:16更新

北海道のニュース