ニュース

NEWS

「あなたにも買う権利がある」社債購入を持ちかけられ、450万円の詐欺被害

稚内警察署は19日、電話で社債の購入を持ちかけられた高齢の女性が現金約450万円をだまし取られる金融商品詐欺事件があったと発表しました。

去年9月中旬、北海道稚内市に住む80代女性のもとに出資会社の社員を名乗る男から「製薬会社が薬を作る工場を建設する」「うちの会社で社債を買うことになったがあなたにも買う権利がある」などと電話がありました。

さらに数日後、今度は製薬会社の社員を名乗る男らから「まだ社債を購入していないのであれば名義貸しになり犯罪です。検察庁から呼ばれるかもしれない。呼ばれないようにするので現金を送ってください」などと電話がありました。

女性は指示されたとおりに複数回にわたってあわせて約450万円を東京や神奈川の指定された住所にゆうパックで送付し、だまし取られたということです。

女性から「2月中旬ごろまでに支払ったお金が口座に返還されると聞いていたが振り込まれない」と警察に相談があったことで事件が発覚しました。

警察では「見知らぬ相手から現金を要求された場合は詐欺を疑い、警察に相談してください」と注意を呼びかけています。
2/20(土)「STVニュース」  2/20(土)12:22更新

北海道のニュース