ニュース

NEWS

十勝岳から下山中に転倒し歩行困難 自ら掘った穴の中で救助待つ 66歳男性救助

21日午後8時半まえ、広島県広島市に住む男性(66)が北海道・十勝岳を下山中、転倒により腰を強打して歩行困難になったため、警察に救助を要請しました。

要請をうけて警察は午後11時50分ごろ十勝岳に入山し、22日午前1時45分ごろ男性を無事救助しました。

男性は腰や腕、ひじなどの痛みを訴えて病院に搬送されましたが、意識ははっきりしているということです。

警察によりますと、男性が持っていた携帯電話のGPSで、居場所を特定できたということです。

男性は自分で掘った穴の中で救助を待ち、水や食料・テントなどの装備を持っていました。

警察は「山へ入る際には登山届の提出や有事に対応できるような装備を心がけ、天候も確認して無理な入山は控えてほしい」と呼びかけています。
2/22(月)「STVニュース」  2/22(月)10:33更新

北海道のニュース