ニュース

NEWS

衆院道2区補選 投票始まるも低調

吉川貴盛元農林水産大臣の辞職に伴う衆議院北海道第2区補欠選挙の投票が、4月25日朝から始まりました。投票率は、前回を大幅に下回っています。

札幌・東区と北区の一部を選挙区とする衆議院北海道第2区の補欠選挙には、前職1人と新人5人の6人が立候補しています。投票は、2つの区内85か所の投票所で25日午前7時から始まり、新型コロナ対策が施された会場で有権者が一票を投じていました。25日午前11時現在の「標準投票区」の投票率は、4年前の衆院選に比べて6.11ポイント低い8.76%となっています。投票は25日午後8時までで即日開票され、26日午前1時に結果が確定する見込みです。
4/25(日)「STVストレイトニュース」  4/25(日)18:18更新

北海道のニュース