ニュース

NEWS

太平洋側で大雨 あすにかけ要警戒

発達した低気圧の影響で、太平洋側東部などは29日から大雨となっています。

夜にかけても雨は続く見込みで、低地の浸水や河川の増水などに注意が必要です。

30日朝の北海道・釧路市です。横殴りの雨に、道行く人は傘を傾けながら慎重に歩いています。

北海道は発達した低気圧の接近・通過に伴い、太平洋側東部を中心に29日夜から大雨となっています。

30日午前11時までに豊頃町大津で79.5ミリ、釧路で32ミリなどまとまった雨が降りました。

5月1日午前6時までの24時間にオホーツク海側で100ミリ、太平洋側東部で90ミリなどと全道で降水量が多くなると予想されています。

低地の浸水や河川の増水、さらに雪解けも進むため、土砂災害にも注意が必要です。
4/30(金)「STVストレイトニュース」  4/30(金)12:37更新

北海道のニュース