ニュース

NEWS

ワクチン接種 いつから・どれだけ・いつまでに 見えたきた札幌のスケジュール

私たち市民に関わる今後のワクチン接種は、どのように進むのでしょうか。

札幌市では供給されるワクチンについて目途が見えてきたことをうけ、来月以降75歳以上を対象にした人から、順次進めていきたい方針です。

30日朝、アメリカのバイオ医薬品メーカー「モデルナ」社製のワクチンが関西空港に到着。

メーカーの臨床試験によると、2回目の接種を終えてから6か月後も90パーセント以上の予防効果が確認されたということです。

一般的な冷凍庫での保管が可能で輸送がしやすいとされていて、早ければ5月にも承認されるということです。

札幌市では、すでに高齢者施設などを対象にワクチン接種が始まっています。

徐々に国からワクチンの供給が行われる見込みであるため先日、秋元市長は速やかに接種を進めていきたい考えを示しました。

(秋元市長)「札幌においては5月の連休明けに、高齢者の方に接種券を送付させていただきたい。まずは75歳以上の方、そして、65歳から74歳までの方、高齢者の方も2回に分けて接種券を送らせていただいて予約していただく。そういう体制を考えている」
4/30(金)「どさんこワイド179」  4/30(金)16:58更新

北海道のニュース