ニュース

NEWS

プリンに焼き鳥、ジンギスカン 自動販売機で売っています

コロナ禍で商機を見出そうと自動販売機に注目が集まっています。

非接触で24時間販売できるため、焼き肉や地元のスイーツなどを商品にした自動販売機が登場して人気を呼んでいます。

香ばしく焼けたジンギスカンが食欲をそそります。

その肉を購入できる自動販売機が小樽市銭函に1日、誕生しました。

24時間いつでも冷凍の肉などを購入できます。

例えば道産牛のサーロインステーキや焼き鳥、牛サガリなどオリジナルの商品が並びます。

1日深夜0時のオープンには行列ができるなどぞくぞくと客が訪れる人気ぶりです。

コロナ禍、自動販売機であれば店員とも接触しないで済みます。

こちらの客はサガリとホルモンをお買い上げです。

(客)「きょうさっそく帰って焼き肉やります」「24時間やっているのはうれしいですよね」

(伊藤商事 伊藤博史社長)「ここで終わるんじゃなくてバーベキュー場やコインパーキングなどに・お肉の自動販売機があるという違和感というのがおもしろいなと思っていてそういうところが演出ができたら」

ボリュームいっぱいの焼きたて餃子です。

江別市のラーメン店で人気のこのメニュー。

苫小牧に本社のある「ぎょうざの宝永」の餃子です。

(ラーメン松喜 松木裕太郎さん)「ニラニンニクが効いていてボリュームもあってすごいジューシーです」

このぎょうざの宝永の餃子。札幌に設置された自動販売機で購入できるようになりました。

場所は北区新琴似の食品会社の敷地です。

(一関記者)「それでは餃子の自動販売機で買ってみたいと思います。ずっしりぎょうざ20個が袋ごと出てきました」

コロナの影響で「おうち時間」が増えていることから、餃子を家庭で楽しんでほしいと自動販売機で販売されることになりました。

(設置した札幌フードサービス千釜佑太部長)「(店が)休みの日でも夜でも買っていただけるのがメリットかなと思います」

日本海に面した小平町ではいま、ある自動販売機が話題となっています。

(客)「母となんだろうねって来たんです」

その名も「小平ナニコレ自販機」です。

売られているのは小平町特産の海の幸や地元の菓子店がつくったプリンなど。22種類ものも商品が並びます。

(客)「食べてみそプリンいってみよう」「ガタン!」

自動販売機からプリンが崩れそうな勢いで出てきましたが、大丈夫でしょうか?プリンは無事でした。

(客)「あ、硬い。ちょっと硬いです。中のほうはやわらかいです」

こちらの客は小平産の黒豆を使ったプリンを購入。

(客)「とてもおいしいです。後味もよくてあまり甘くなくて」

(設置した菓子店ルモンド松浦夕菜店長)「珍しいものがたくさん入っているのでぜひ立ち寄って買ってみてください」

24時間、非接触で購入できるのもうれしい自動販売機。個性的なラインナップが人気を呼んでいます。
6/2(水)「どさんこワイド179」  6/2(水)11:29更新

北海道のニュース