ニュース

NEWS

赤信号無視で衝突事故 酒気帯び運転などで52歳男逮捕

北海道・旭川市の交差点で乗用車同士が衝突した事故で、警察は一方の車を運転していた52歳の男を、酒気帯び運転と危険運転致傷の疑いで逮捕しました。

酒気帯び運転と危険運転致傷の疑いで逮捕されたのは、旭川市の林禎二容疑者(52)です。

林容疑者は5月5日、旭川市豊岡4条5丁目の交差点で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したほか、赤信号を無視して別の乗用車と衝突し運転していた37歳の男性に首の骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれています。

林容疑者は調べに対し「酒を飲んで運転したのは間違ないが事故の状況について記憶があいまいだ」と、容疑を一部否認しているということで、警察が詳しい事故の経緯を調べています。
6/3(木)「STVニュース」  6/3(木)16:59更新

北海道のニュース