ニュース

NEWS

北海道の海をイルカがジャンプ 群れの中には子どもの姿も

(樋口記者リポート)「神威岬南側の沖合です。イルカの群れが悠々と泳いでいるのが確認できます」

時折ジャンプして水面に顔をのぞかせるイルカたち。

3日午後3時すぎ、北海道・積丹町の神威岬周辺でSTVのヘリコプターから捉えた映像です。

10頭以上の群れで、自由自在に泳ぎ回る姿を見ることができます。

イルカたちの映像をおたる水族館で確認してもらうと。

(おたる水族館 角川雅俊獣医師)「これはカマイルカの群れですね。カマイルカのカマっていうのは、背びれが草を刈る鎌に似ているから。背びれを見るとだいたいカマイルカというのは見当つくと思います」

カマイルカはこの時期、石狩湾でよく見られるということです。

群れをよく見ると子どものイルカでしょうか。大きなイルカにぴったりとくっついて泳ぐ姿も。

専門家によりますとカマイルカは6月から7月にかけ出産シーズンを迎えるため、生まれたばかりの個体の可能性があるということです。
6/4(金)「STVニュース」  6/4(金)9:19更新

北海道のニュース