ニュース

NEWS

旭川女子生徒凍死 いじめ調査方針決まる 第三者委

旭川市の公園で3月、市内の中学校に通う女子生徒が遺体で見つかった問題で、いじめの有無を調べる委員会の2回目の会合が開かれました。

この問題について旭川市は、いじめが疑われる「重大事態」と認定していて、精神科医や弁護士など専門家8人による第三者委員会の「旭川市いじめ防止等対策委員会」が組織されています。
4日開かれた第三者委員会の2回目の会合では、事案に直接かかわったとみられる生徒へ聞き取り調査を行うほか、他に事情を知る人がいないかアンケート調査を実施する方針が決まりました。

また効率的な聞き取り調査のため、新たに3人の弁護士を臨時委員として選任するということです。

次回の委員会は7月上旬に開かれ、その後本格的な調査が始まるということですが、調査の結論が出る時期について、第三者委員会は「全く白紙の状況」だとしています。
6/5(土)「STVニュース」  6/5(土)9:44更新

北海道のニュース