ニュース

NEWS

浦河町 小学生が田植え体験

北海道・日高の浦河町では地元の小学生たちが農業を学ぶため田植えを体験しました。

「うわ~気持ちわり~」

「最初気持ち悪いけど、行くうち気持ちよくなるから!」

はだしで田んぼに入る子どもたち。

浦河町では、7日、東部小学校と荻伏小学校の5年生27人が田植えを体験しました。

密を避けるためお互いに間隔を空けながら横一列に並び、ななつぼしの苗を植えました。

田植え体験は農業の役割を学ぶために毎年行っていて、子どもたちはこの後、苗の成長過程を観察し、秋には稲刈りをしてみんなでできたお米を食べるということです。
6/8(火)「どさんこワイド朝」  6/8(火)7:50更新

北海道のニュース