ニュース

NEWS

「64歳以下のワクチン接種」手続き開始へ 基礎疾患ある人など対象

新型コロナワクチンについて、札幌市は基礎疾患のある64歳以下の市民に対して、今月下旬から接種券の送付を始めると発表しました。

また7月以降、東区の「つどーむ」に新たな集団接種会場を設置する方針を明らかにしました。

(秋元市長)「65歳未満へのワクチン接種は基礎疾患のある人、保育士・教員など優先接種対象となる人から段階的に拡大していく」

札幌市はワクチン接種を迅速に進めるために、64歳以下の基礎疾患がある市民に対して、今月中旬から接種券の事前登録を開始し、下旬から順次発送すると発表しました。

慢性的な腎臓病や肝臓病、糖尿病などを患っている人が対象となりますが、診断書の提出は不要です。

(秋元市長)「(基礎疾患は)自己申告です。何らかの証明を出す形は考えていない」

その後は保育所・幼稚園の職員、小中学校・高校の教職員、介護施設の職員などを優先接種の対象として、7月上旬から接種券を発送するということです。

また、7月以降に新たな集団接種会場を東区の「つどーむ」に設置する方針を明らかにしました。

市内の集団接種会場はこれで4か所目で、1日最大2500人程度への接種を見込んでいます。

すでに設置が決まっている白石区のコンベンションセンターの接種会場を22日に開設することも合わせて発表されました。
6/10(木)「どさんこワイド179」  6/11(金)11:38更新

北海道のニュース