ニュース

NEWS

電柱なぎ倒す突風「一瞬でした あぜん」竜巻か 気象台が現地調査

北海道・東川町では4日、突風によって電柱や住宅の納屋などが倒れる被害がありました。

現地では5日も旭川地方気象台が職員を派遣し、被害の状況を調査しています。

突風による被害から一夜明け、東川町では町民が倒壊した納屋のがれきを回収するなど、後片付けに追われていました。

(被害にあった町民)「パッと見たらこういう物が飛んでいる。一瞬でしたね。あぜんとしましたね」

東川町では4日竜巻とみられる突風で電柱8本が折れ、一時停電となったほか、割れた窓ガラスが太ももに刺さるなどして男女2人が軽傷を負いました。

(旭川地方気象台 山田豊次長)「電柱が折れるくらいだから相当なもの。どういう現象で起こったか調べる」

旭川地方気象台は5日も朝から現地調査に入り、突風が「竜巻」によるものかなどを調べています。
10/5(火)「STVニュース」  10/5(火)12:39更新

北海道のニュース