ニュース

NEWS

観光再起動にアクセル キャンペーンが各地で再開

再開を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。

緊急事態宣言などにより中断していた宿泊助成キャンペーンが、北海道で再び始まりました。

少しでも安くお得に旅行するならいまがチャンスです。

秋色に染まり始めた札幌の奥座敷、定山渓。

(村崎記者)「定山渓の温泉宿では、札幌市民がお得に泊まることができるサービスが再開しました。それがこちらの定山渓どこでもクーポンです」

7000円以上の宿泊で受け取ることが出来る、3000円分のクーポン。

宿泊代はもちろん、宿での買い物や定山渓の土産店などでも使うことが出来ます。

こちらのホテルでも早速、クーポンを受け取る札幌市民の姿が。

(宿泊客)「うれしいです。(Q.どんなもの買いますか?)おまんじゅうです」

緊急事態宣言で休業を余儀なくされたこちらのホテル。

クーポン再開で客足の回復に期待しています。

(定山渓万世閣ホテルミリオーネ 寺本直人副支配人)「これから旅行需要が高まっていくので、安心して宿泊できる態勢を整えて、お客さまにご満足いただけるようにしたい」

遠のいた観光客を呼び込む動きは小樽市でも。

小樽運河から車で15分。

門をくぐり見えてきたのは朝里川温泉にある旅館です。

ふすまの先には落ち着いた雰囲気の和室。

庭園が臨める客室露天風呂が自慢です。

いまならこのお部屋をお得に泊まることができるんです。

(おたる宏楽園 米山忠宏主任)「当館では5000円を宿泊代から引いています。加えて2000円の商品券を渡して当館や市内でご利用いただく」

再開した宿泊割引キャンペーンでは、1泊1万円を上限に料金の最大半額が割引されます。

さらに市内258の店舗で利用できる、2000円分のギフト券配布も開始。

飲食店のほか、小樽運河クルーズなどでも利用できるということです。

(おたる宏楽園 米山忠宏主任)「ギフト券が人気があって、市内で買い物するときに2000円って結構なものですから相当喜ばれています」

鈴木知事も6日、道の旅行助成事業「新しい旅のスタイル」について今月中旬から再開させる意向を表明しました。

(鈴木知事)「観光や交通・飲食関係事業者は極めて危機的な状況に置かれていて、できるだけ早く需要を回復させる取り組みを進めることが重要」

各地で再開した宿泊助成キャンペーン。

停滞していた観光需要の回復が期待されています。
10/7(木)「どさんこワイド179」  10/7(木)10:54更新

北海道のニュース