ニュース

NEWS

使用済みのマスクまで…住宅街で相次ぐごみの投棄 防犯カメラが捉えた一部始終

住宅街をゆっくり走行する青い車。

運転席側に注目すると。

防犯カメラは、車の窓から白いごみ袋のようなものが捨てられた一部始終をとらえていました。

そこには、使用済みとみられるマスクが。

感染拡大も心配される中で、許せないごみ捨てです。

このほかにも、走行中の黒い車から白い袋が放り出される様子や、歩いて来た人が袋を捨てた直後に引き返していく様子も。

動画の撮影者も憤りを隠せません

(映像投稿者)「頭真っ白ですよね。なんでこんなことするんだろう」

住宅街での悪質な行為。なぜこの場所に、ごみの投棄が相次ぐのでしょうか。

現場を訪れてみると。

(根本記者)「あたりには背の高い草木が生えていて、たしかに視界が遮られた場所です。そしてきょうもビニール袋が複数捨てられていて、中には食品の容器のようなものも見えます。」

この地域に70年暮らしている町内会長も、以前からごみの投棄は続いていると嘆きます。

(石川富喜雄 町内会長)「残念です。正直言って悔しいです。町内会で預かれない限界が来ているんですよ」

付近の住民らによると、この区画は10年以上前から道外に住む人が所有していて、私有地のため行政が対応するのも難しいということです。
10/11(月)「どさんこワイド179」  10/11(月)18:42更新

北海道のニュース