ニュース

NEWS

ビッグなオブジェが空中に 男爵いも発祥の地に深くてでかくて美味しい施設 北海道・七飯町

北海道・七飯自慢の特産品に注目です。

どーんと空中に浮かぶ男爵いも。

大きさもさることながら存在感も「ビッグ」!

(東海林記者)「街灯の支柱に、男爵イモのオブジェが食い込むように固定されています、かなり大きいです。遠目からでも目立ちますね」

七飯町が誇るビッグなオブジェが目印の観光施設。

でも、なぜここに「ビッグ・男爵いも」が?

実は、七飯町は男爵いも発祥の地。

だから、この施設も男爵いも一色!

写真のこの男性が男爵いもの生みの親、川田龍吉男爵です。

館内には農業の発展と男爵いもの普及に情熱を注いだ、川田男爵ゆかりの品々が展示されています。

おみやげ物ももちろん「いも」づくし!

アメリカやフランス、スペインなど、世界中のポテトチップスが販売されているほか、Tシャツに靴下、バッグなどのいもグッズも人気です。

(客)「とてもわくわくするので楽しいです」

(客)「内装もきれいで、いもというコンセプトもはっきりしていて、ずっといても飽きないねって話していました」

じゃがバターに、コロッケ、フライドポテト。

定番のメニューも川田男爵の思いを感じ、その味もひとしお。

七飯町自慢の味はテイクアウトもできます。

(東海林記者)「いもの味がしっかり感じられますホクホクしていて、食べ応えもあります」

コロナ禍がきっかけで始めた、道産牛のローストビーフが味わえるテイクアウトの男爵弁当も人気!

(THEDANSHAKULOUNGE 小林優マネージャー)「観光で、バスツアーで来られる方も全国各地からいらっしゃいますし、地元の方もいらっしゃっています。男爵いもがとてもおいしいので男爵いもを楽しんでほしいです」

男爵いもを味わいながら、その誕生と歴史について楽しく学んでみるのはいかがですか。
1/10(月)「どさんこワイド179」  1/10(月)21:43更新

北海道