ニュース

NEWS

わざと急ブレーキかけ衝突事故 保険金を請求した52歳男を逮捕容疑を否認

札幌・南警察署は11日、住居不定・無職の男(52)を詐欺未遂・妨害運転の疑いで逮捕しました。男は去年9月、札幌市南区で軽乗用車を運転中、後方の中型トラックに対し、急ブレーキをかけて通行を妨害し、故意に衝突させる事故を起こしたうえ、相手側の自動車保険会社から保険金をだまし取ろうとした疑いがもたれています。警察によりますと、「あおり運転をしていた車がいた」という情報提供があり、運転手に男が浮上。捜査の中で、男はこれまでに4回にわたって追突事故を起こしていたことが発覚しました。そして、去年9月の追突事故についてさらに捜査を進めたところ、男が故意に事故を起こしていたことが判明し、逮捕に至ったということです。また、警察によりますと、当時、自動車保険会社は男がこれまでにも同様の形で複数回にわたり保険金の支払いを請求していたことが自社の調べで分かっていたため、不審に思い、保険金を支払わなかったということです。調べに対し、男は「わざと事故を起こしたわけではない」と容疑を否認していて、警察は余罪もあるとみて調べを進めています。
1/13(木)「STVニュース」  1/13(木)7:47更新

北海道