ニュース

NEWS

「高齢者3回目接種前倒しへ準備」秋元札幌市長 新型コロナウイルス無料検査場の活用呼びかけ

秋元札幌市長が記者会見し、感染が急拡大していることをうけて保健所の体制を増強することを明らかにしました。

(秋元市長)「今後の感染者数の急増に対応するため、万全の医療提供体制を確保するということに加え、全庁一丸となって市民の命と健康を守るために、直ちに保健所職員の応援態勢を増強するよう指示をした。

市民の皆様におかれましては、オミクロン株の感染拡大に伴って不安を感じるという方が多くいらっしゃるかと思う。

無症状の方を対象とした無料の検査場が順次、開設をされている。
市内40か所に開設されるのでご活用いただきたい。

そしてオミクロン株に対しましては、ワクチンの3回目の接種が有効とされているので、国の方針を踏まえて、まず高齢者の3回接種の前倒しに向けた準備を着実に進めていく。

今後3回目の接種が可能となる方が円滑に接種できるように、引き続き万全の態勢を整えるよう指示をした。

3回目のワクチン接種について、先月から医療従事者への追加接種を開始をしているが、厚生労働省より前倒しで実施する対象者の考え方ということが示されてることを受けて、65歳以上の一般高齢者の方について、これまでの予定をさらに前倒しをして3回目のワクチン接種を行うこととした。

まず接種券の発送について、1月中に2回目接種から7か月を経過する一般高齢者の方に対しては、1月の21日および24日に発送をする。2月以降に7か月を経過する方に対しては、7か月に到達する前にお手元に届くよう1月28日から毎週金曜日に接種券を発送をする」
1/14(金)「どさんこワイド179」  1/14(金)20:22更新

北海道