ニュース

NEWS

【飲酒運転】基準値4倍アルコール 免許も携帯せず 酒気帯び運転の男を現行犯逮捕 北海道・函館

北海道・函館中央警察署は8日、酒気帯び運転の疑いで自称・函館市在住の男(自称・49)を現行犯逮捕しました。

男は8日午前0時40分頃、函館市神山町付近の道路で酒気を帯びた状態で車を運転した疑いが持たれています。

警察によりますと、男の運転する車が歩道や縁石に乗り上げながらふらついて走行しているのを目撃した人が警察に通報。

駆けつけた警察官が自宅とみられる場所に車を停めて車内から出てきた男を見つけ、その場で現行犯逮捕しました。

男の呼気からは基準値の約4倍のアルコールが検出されていて、調べに対し容疑を認めているということです。

また男は逮捕当時、運転免許証を携帯していなかったということで、警察は男の身元の確認を進めるとともに、運転前の足取りなどについて捜査しています。
5/8(日)「STVニュース」  5/8(日)11:48更新

北海道