ニュース

NEWS

【豊漁期待】サケ・マス流し網漁の水揚げ始まる 釧路港で4.5トン まずまずのスタート

ロシアとの交渉が難航し3週間ほど遅れて操業が開始されたサケ・マス流し網漁の水揚げが始まっています。

ロシアの川で生まれたサケ・マスを日本の排他的経済水域内で獲るサケ・マス流し網漁。

毎年4月10日ごろ解禁されますがことしはロシアのウクライナ侵攻により、日ロ政府間の漁業交渉が難航して今月3日に始まりました。

けさ北海道釧路港では1隻がおよそ4.5トンを水揚げしました。

釧路市漁協によりますとスタートはまずまずで、例年よりカラフトマスが多く今後は脂がのって人気が高いトキシラズの豊漁を期待しています。
5/14(土)「STVニュース」  5/15(日)9:49更新

北海道