木村洋二の高校ブンカ部応援プロジェクト

木村洋二の高校ブンカ部応援プロジェクト



今の文化系高校生たちは、何を思い?どう感じて生活しているのか?

この番組は北海道の高校で活動する文化系の部活動を木村洋二が応援・紹介していきます。文化系部活、いわゆる「高校ブンカ部」には、吹奏楽、美術、書道、演劇、ボランティア、写真、放送、科学、新聞、茶道、郷土、フラワーデザイン、そば、乳牛研究 etc…という
地域ならではの特色を持った部活や特徴ある取り組みを行っている部活が多くあります。
そんな道内の熱い思いを持って取り組む高校生たちにスポットを当てていく番組です。

同じ文科系の部活に所属する仲間に伝えたいことや、彼ら彼女たちの心の叫びを届けます。
現役高校生はもちろん、かつて文化系部活に燃えたみなさん、ぜひお聴きください。


ご応募はこちらから

 みなさんの声を是非お聞かせください

「STV“高校ブンカ部”応援プロジェクト」のお知らせ

  • 画像
    応募要項など詳しくは「STVグループみらい財団」でご確認ください

第4回 北海道釧路北陽高等学校「吹奏楽局」

2020年7月31日(金)

2020年7月30日(木)北海道釧路北陽高等学校「吹奏楽局」

「大会が中止となり、思うような活動ができない中、モチベーションを落とさず、
日々の練習、打ち合わせなどを頑張る姿を親として見てきました。」

番組に届いたこのメッセージは、
北海道釧路北陽高等学校「吹奏楽局」に所属する生徒さんのお母さんから頂きました。

お話を伺ったのは、2年生 高橋凜々歩(りりあ)さんです。
  • マーチングの様子
    マーチング演奏中の様子
チューバ担当の凜々歩さん。
まず「チューバ」って・・・どんな楽器?などとスタジオの洋二さんとお話をしながらインタビュースタート♪


釧路北陽高校の吹奏楽局は、マーチングの大会で北海道代表に選ばれ
今月(7月)、四国・高知県で発表する予定でした。

新型コロナウイルスの影響で、現地へ行って発表することができなくなり、
一時は「悔しい」という気持ちもあったという凜々歩さん。

でも・・・と続く言葉は前向き。

代わりに、「web開催」という形で北海道代表として発表することになったので
私達のマーチングを楽しんでもらえる機会を与えてもらったことに感謝しています。

とおっしゃっています。


そんな凜々歩さんが今、感謝を伝えたい人は?


もう一度聴きたい方、聴き逃した方は
ラジコのタイムフリー、または番組HPからお聴きください♪


凜々歩さん、ありがとうございました。
お母さんにもよろしくお伝えくださいね♪

番組情報

放送時間

毎週木曜

24:53〜25:00

パーソナリティ

番組へのメッセージ・リクエスト

メール:

ファックス:011-202-7290

放送内容

STVラジオをradiko.jpで聴く