まるごと!エンタメ〜ション

今日のゲストは「つばきファクトリー」

2020年1月29日(水)

☆1月29日(水)の放送内容☆

今日はハロープロジェクトの「つばきファクトリー」から
谷本安美さん、浅倉樹々さん、小野瑞歩さんの3名が
スタジオに遊びに来てくれます。
どうぞお楽しみに♪

昨日、娘ちゃんの勉強について
話をしていた幸代さんへ、
リスナーさんから「教えられた学業よりも
人として生きていく術を学んでほしい」と
番組へFAXが届きました。

そこで!今日の「まるごと!リサーチ」は
「ベスト・オブ・人生経験」

当時とっても大変だったけど
あの経験があったからこそ今の自分がある。
そう思える「人生経験」を教えて下さい。

📧marugoto@stv.jp
📠011-202-7290

15時になったら「まるごと!小樽」
今日もちょっと良い声、村岡さんに
小樽の美味しい、とある事情について教えて頂きます。

5時までまるっとお楽しみ下さい。
お聞き逃しの方は、是非タイムフリーでどうぞ!
  • 画像

☆1月29日(水)の選曲☆

【13時台】
M1「ライブがはねたら/NOKKO」
M2「待っている女/五木ひろし」
M3「BAD LUCK ON LOVE〜BLUES ON LIFE〜/tohko」
M4「海峡雪しぐれ/川中美幸」
M5「CRAZY NIGHT/LOUDNESS」

【14時台】
M1「もう一度/JAYWALK」
M2「mint/宇野実彩子(AAA)」
M3「崩壊/松山千春」
M4「このまま君だけを奪い去りたい/DEEN」

【15時台】
M1「意識高い乙女のジレンマ/つばきファクトリー」
M2「抱きしめられてみたい/つばきファクトリー」
M3「襟裳岬/森進一」

【16時台】
M1「Soul Bossanova/クインシー・ジョーンズ」
M2「Candle in the Wind/エルトン・ジョン」

☆1月29日(水)のゲスト〜つばきファクトリー☆

ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ
「つばきファクトリー」の 
谷本安美さん、浅倉樹々さん、小野瑞歩さんが
スタジオに来てくれました!

佐々木たくお、「可愛いな!」を連発。
一気に好きになっちゃいました。

札幌でお寿司を食べたお話、
アイドルを目指した理由、
ハロープロジェクトの魅力など
はきはききゃぴきゃぴと話して下さいました。

来月にはハロープロジェクトメンバー総出演コンサートが行われます!
題して「Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS[  ] SideA」
出演は、モーニング娘。'20 / アンジュルム / Juice=Juice /
こぶしファクトリー/ つばきファクトリー /BEYOOOOONDS /
ハロプロ研修生ユニット / ハロプロ研修生です!!
2/24(月・祝) 札幌文化芸術劇場 hitaru 午後4時開演
チケットは全席指定9,000円で発売中!
詳しくはハロープロジェクトHP、
もしくはWESS 011-614-9999 まで。

またぜひ遊びに来てください!
  • 画像

☆1月29日(水)のまるごと!エンタメ〜ション☆

しろっぷのまるごと!中継

しろっぷの二人は
ティーバイティーガレージ札幌平岡店にお邪魔して
カーライフアドバイザーの高橋智子さんに
お話を伺いました。

ティーバイティーガレージでは
ご契約頂いた最後に手放された愛車と共に
記念写真を撮影するサービスを行っていて
とっても好評、との事。

新しい車はもちろん、通常の査定基準では
なかなか買取価格に期待できなかった、
古くて走行距離の多い車や、車検が切れて動かせない車、
事故でつぶれてしまった車でも
電話一本で全道どこでも出張鑑定に来てくれます。

まずはお気軽にお電話をどうぞ。
ティーバイティーガレージ
0120-999-999
  • 画像
【ティーバイティーガレージ札幌平岡店】
札幌市清田区平岡1条4丁目10-1
9時〜20時

ランランまるごと!レポート

今日は肉の日!
ランラン号の二人は
札幌市白石区にあるお肉専門店
「お肉のアトリエ トリッパ」さんにお邪魔して
店主の西片家作さん(67)にお話を伺いました。

本州出身の西片さんは肉の卸売り会社に入社し、
仕事の関係で北海道へ。
お肉一筋50年。

店内にはこだわりのお肉がズラリ。
下ごしらえも全てお店で行う
自家製の味。
  • 画像
人気のお店で
中継中もお客様が何人もお買い物に見えていました。

お肉の事なら何でも
ご相談下さい。
  • 画像
【お肉のアトリエ トリッパ】
札幌市白石区川下2条6丁目2-1
10時〜19時
月曜定休
TEL 011-826-5151

☆まるごと!Otaru海だより☆

こちらもお肉にまつわるお話です。

FMおたるの村岡啓介さんに
小樽の焼き肉事情について教えて頂きました。

小樽といえば、海産物のイメージが強いかもしれませんが、
焼き肉店も数多くあり、
予約をしなければ入れないほど人気のあるお店もあります。

実はその小樽の焼き肉屋ならではと言われている、ある特徴があります。
それは、焼き肉の締めに「タレを飲む」ということです。
初めて聞く方は驚かれるかもしれません。

そもそも、小樽の焼き肉屋では、
焼き肉のタレを入れる器が平べったい形状の皿ではなく、
お鍋を食べる時のような深皿の器にタレが入ってきます。
一通りお肉を食べ尽くし、食事も終わりに近づいた頃、
店員さんから「スープはいかがですか?」とお声がかかります。
そこで、出汁の入ったスープをタレに入れて割って飲むんです。

タレをスープで割って飲むのは、
創業50年を超える小樽の老舗焼き肉店「三四郎」が発祥と言われています。

お客さんが残していったタレを見て
「肉の旨みが残っているのに捨てるのは何だかもったいない」と、
そばの最後につゆをそば湯で割って飲むように、
タレにスープを入れて割って飲むことを思いついたのだそうです。
これがお客さんにも好評で、小樽の他の店にも広まっていったということです。

出汁のスープはお店によって、昆布出汁や鶏ガラ、牛骨など、
味が異なります。
また、その時、どのようなお肉を食べたかによっても
タレの味が変わってきます。お好みのお味を見つける楽しさもあります。
さらに慣れた方だと、スープを入れたタレにご飯を入れて、
さらにお肉を乗せてお茶漬け風にして食べるのだそうです。
タレの塩辛さが抜けて、意外とさらさらっと食べられるので、
こちらも人気があるようです。

寒い日には小樽で焼き肉を食べて、
締めにはスープで割ったタレを飲んで、身体を温めてはいかがでしょうか?
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年