まるごと!エンタメ〜ション

しょーもなっ!

2020年2月5日(水)

☆2月5日(水)の放送内容☆

世界的に流行が広がっている
新型コロナウィルス。
そうなると広がるのが「デマ」などの
フェイクニュース。

中には「鼻の中にごま油を垂らすと
予防できる」という「しょうもない」話も。

ということで今日の「まるごと!リサーチ」は
「しょーもなっ!」

身近でしょうもない嘘を言う人がいる。
今思うと「しょうもない」事を昔やっていた。

などなど、
何を言ってるんだ⁈とあきれちゃう
「しょうもなっ!」なお話。
お待ちしてます。

📧marugoto@stv.jp
📠011-202-7290

3時になったら今日もいい声。
FMおたるの村岡さんに
小樽の美味しい話題を教えて頂きます。

5時までまるっとお楽しみに♪
お聞き逃しの方は、是非タイムフリーでどうぞ!
  • 画像

☆2月5日(水)の選曲☆

【13時台】
M1「あなたの空を飛びたい/高橋真梨子」
M2「ハートビート/上杉周大」
M3「私は泣いています/りりぃ」
M4「そばにいるね/ribbon」
M5「母は俺らの守り神/北島三郎」
M6「無謀な夢は覚めることがない/STU48」

【14時台】
M1「For You/lecca」
M2「アダムな夜/鈴木雅之」
M3「もうひとつの土曜日/浜田省吾」
M4「太陽のKomachi angel/B’Z」
M5「粉雪/レミオロメン」

【15時台】
M1「GO AHEAD/KAT-TUN」
M2「lovin’ you/森川美穂」
M3「くだらないブルース/Drop’s」
M4「この国に生まれてよかった/村下孝蔵」
M5「チョコレート魂/松浦亜弥」

【16時台】
M1「Let’s Go Crazy/プリンス」

☆2月5日(水)のまるごと!エンタメ〜ション☆

しろっぷのまるごと!中継

しろっぷの二人は
札幌市厚別区にある「ニューフレンドリー」にお邪魔して
酒井さんにお話を伺いました。

ニューフレンドリーは、
車検・点検整備から一般修理・板金塗装・
新車・中古車・パーツ販売まで、
安全で快適なカーライフを過ごせるよう
全力でサポートしてくれる会社。

ニューフレンドリーといえば「スーパー乗るだけセット」
マイカーリースという第3の選択肢としてご好評いただいています。
7年間、月々定額のお支払いで、車両代はもちろん、
税金・車検・自賠責保険・メンテナンスまで
7年間に必要な維持費がほぼ全て含まれています。

また、新たに3年リースプランもご用意しています。
いろんな車に気軽に乗りたい方にオススメです。

いずれもお問い合わせはお気軽に。
  • 画像
【株式会社ニューフレンドリー】
札幌市厚別区大谷地西1丁目3-5
TEL 011-892-7911

☆ランランまるごと!レポート☆

ランラン号の二人は
STV放送会館のすぐそば!
北1条通りにある「北菓楼 札幌本館」にお邪魔して
鈴木裕平さんにバレンタインデーにオススメな商品を
教えて頂きました。

北菓楼の看板商品である「バウムクーヘン」の
冬限定「チョコレートバウムクーヘン」
  • 画像
そしてバレンタイン時期だけの限定販売
「バレンタインショコラアソート」の他、
北菓楼チョコドーナツや生チョコレートきなりね、など
ご用意しています。
  • 画像
甘いものが苦手、という方には
「北海道開拓おかき」がオススメ。

詳しくは北菓楼の店舗やHPなどをご覧ください。

【北菓楼 札幌本館】
札幌市中央区北1条西5丁目1-2
10時〜18時
TEL 0800-500-0318
  • 画像

☆まるごと!Otaru海だより☆

今日はFMおたるの村岡啓介さんに
「しりべしコトリアード」について
教えて頂きました。

コトリアードとは
フランス・ブルターニュ地方の郷土料理である魚介スープで
漁師が船の上で料理を作る時に使った鍋が始まりと言われています。
洋風鍋で有名なブイヤベースはサフランを使いますが、
コトリアードには魚の出汁をベースにミルクやクリームが多く使用されます。

しりべしコトリアードは
小樽や近郊の後志地方で獲れた魚介類や野菜、果物、
北海道産乳製品など後志地域の海の幸・山の恵みがふんだんに入った
「食べるスープ」

小樽と近郊の11のお店が参加して、
11人の洋食シェフが自慢の腕をふるったスープを2月29日までの期間中、
楽しむことができます。

しりべしコトリアードの基本ルールは3つ。

ひとつは、具材に後志近海で獲れた「魚介類」
または「魚介類すり身」をそれぞれ1種類以上、
そして後志で収穫された農産物のうち「野菜」、
「果物」それぞれ1種類以上を使用すること。

二つ目は後志近海で獲れた「魚介類」と
後志産の「野菜」を使用したベースのスープに
後志産の「シールドまたはワイン」、
そして北海道産の「乳製品」を使用してスープを仕上げること。

最後に、魚介類にかけるヴィネグレットソースを添えること、です。

ヴィネグレットソースとは、オリーブオイルにビネガーと塩、
刻みエシャロットか玉ねぎをまぜたシニアソムリエが考案したソースです。

はじめにオリジナルスープを楽しんだあと、
途中からお好みでソースをかけることで、
オリーブオイルとビネガーの爽やかな味の変化を楽しめます。

「しりべしコトリアード」は
各店舗で工夫を凝らしたスープを提供しています。

例えば小樽朝里クラッセホテルでは美白の素
大吟醸千歳鶴の酒粕を入れたスープを召し上がれます。
小樽のオステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボでは
メバルやソイ、タラやアンコウ・カスベなど旬の地場の魚を使い、
シャコの出汁と鶏ガラのブイヨンで仕上げています。
ニッカウヰスキー余市蒸留所のレストランでは
後志産ヒラメのアラで採った出汁にニッカシードルを加えた
素朴な味わいのスープを味わえます。

後志地方は山があり、
海に囲まれ新鮮な野菜や果物といった海と山の幸に恵まれ、
そこから作られるワインや加工品と食材の宝庫です。

後志の魅力が詰まったスープをぜひ召し上がりください。

参加店舗の営業時間など
詳しくは「しりべしコトリアード」で検索してください。
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年