まるごと!エンタメ〜ション

スイッチオン!

2020年3月18日(水)

☆3月18日(水)の放送内容☆

ぐっと雪解けが進んでいます。

お散歩のお供に是非
STVラジオにお付き合い下さい。

リスナーさんから
「怒りのスイッチオン!」の
メールが寄せられました。

そこで今日の「まるごと!リサーチ」は
「スイッチオーン!」

人には様々なスイッチがあるかと思います。

怒りスイッチ、
やる気スイッチ、
仕事スイッチ、
オスメススイッチ…

あなたのスイッチが入ったお話、
お寄せ下さい。

📧marugoto@stv.jp
📠011-202-7290

水曜日は3時になったら小樽の情報。
ちょっとイイ声、村岡さんに
頑張る小樽の話題を伝えて頂きます。

お聞き逃しの方は、是非タイムフリーでどうぞ!

  • 画像

☆3月18日(水)の選曲☆

【13時台】
M1「アンジェリーナ/佐野元春」
M2「サイレントマジョリティー/欅坂46」
M3「オトナノススメ〜35th愛されSP〜」

【14時台】
M1「手紙をかくよ/JUDY AND MARY」
M2「ポイズン/反町隆史」
M3「ステキなタイミング/坂本九 ダニー飯田とパラダイスキング」
M4「OVER THE TOP/きただにひろし」

【15時台】
M1「素晴らしい嘘/flumpool」
M2「浅い眠り/中島みゆき」
M3「Switch/mihimaru GT」

【16時台】
M1「リミニッシング/リトル・リバー・バンド」

☆3月18日(水)のまるごと!エンタメ〜ション☆

しろっぷの「北海道まるごと応援プロジェクト」

テイクアウトを始めてみたものの
宣伝の方法がわからない…という嘆きのメールを受け、
しろっぷの二人が立ち上がりました。

いつもお世話になっている
「札幌ラーメン悠(はるか)」にお邪魔して
店主の佐々木悠也さんにお話を伺いました。

テイクアウト商品はガーリック塩バジル味の
焼きラーメン。
「ラーメン焼いちゃいました」
チャーシューおにぎり付きで700円。
  • 画像
チャーシューもたっぷりで
食べ応えがあります!

2個お買い上げの方は
1000円。
そして次回来店時に使える100円のチケットも
付いています。

おつまみとしてもピッタリな「ラーメン焼いちゃいました」
事前にご予約いただけるとスムーズです。

共に頑張っていきましょう!
  • 画像
【札幌ラーメン悠(はるか)】
札幌市中央区南5条西3丁目6
Nグランデビル1階
元祖さっぽろラーメン横丁
18時〜翌2時
TEL 011-551-8700

ランランまるごと!レポート

ランラン号の二人は
この春のスポーツ事情を探るため
清田区唯一のスポーツショップ
「イケダスポーツ」にお邪魔して
店主の池田正彦さん(56)にお話を伺いました。

やはり2月後半から子供たちの来店が減っていて
子どもたちが運動不足になるのではないか、と
危惧していらっしゃいます。
  • 画像
サッカー少年団の指導もされている池田さん。

子どもたちが元気に走り回る姿、
早く見たいですね。
  • 画像
【イケダスポーツ】
札幌市清田区清田3条1丁目2-1
13時〜19時
日・祝定休
TEL 011-398-9675

☆まるごと!Otaru海だより☆

今日は「おうちでお店ごはん」について
FMおたるの村岡啓介さんに伝えて頂きました。

思うように外出もままならず、自粛ムードで外食も控えているという皆さん、
テイクアウトでお店の美味しい料理をおうちで楽しみませんか?というのが、
「おうちでお店ごはん」というキャンペーンです。
FacebookやTwitterなどのSNSで3月4日から
小樽でスタートして多くのお店や消費者が参加しています。

飲食店側は「#おうちでお店ごはん」のハッシュタグをつけて、
テイクアウト可能な料理の写真やメニューを添付してSNSで発信をする、
そして消費者側はお店で買ったものを自宅のテーブルに並べて写真を撮影、
「#おうちでお店ごはん」を付けてSNSで発信して、
お店を応援しましょう!というものです。

現在では小樽の寿司屋、居酒屋、バー、レストラン、カフェなど
様々なジャンルの飲食店90店以上が参加をしています。
キャンペーンはSNSでどんどん広がりを見せており、
小樽以外の道内や道外の市町村でも
同様に飲食店を応援する動きが広がりつつあります。

小樽のある中華食堂では、北海道物産展や学校給食の中止で
在庫過剰になってしまったラーメンのスープやチャーシューを
原価以下の値段で販売したところ、おかげさまで4日間で在庫を完売しました。

またいつもであれば歓送迎会で賑わう時季であるはずの屋台村で
店を出している店舗が1品ずつ持ち寄ってテイクアウト用の特製オードブルを用意して、
自宅で楽しめるように販売したりと、
普段は持ち帰りを行っていないお店でも
可能な範囲でキャンペーンに参加をしています。

このキャンペーンは小樽の飲食店オーナーなどの有志が
「この動きがもっと多くの方に広まってくれたら、
今厳しい思いをしている飲食業界の方々の小さな支えになれるのではないか。
お客様にとって自宅で過ごす時間が少しでも豊かな気持ちになったらいい」
という思いで始めたのだそうです。

「#おうちでお店ごはん」で検索すると、
お店やお客様の投稿した美味しそうな料理の数々を見ることができます。

このようなキャンペーンが皆さんの地域でも行われるようになると嬉しいです。
STVラジオをradiko.jpで聴く
STVラジオ60周年